HOME > CPDSについて >> 加入について

加入について

CPDS(継続学習制度)の手続きと、学習履歴証明書発行までの流れ

  1. CPDSに新規加入申請し、登録します
    ・高知県技士会会員は1,300円、非会員3,000円(加入時のみ)
  2. 講習会等を受講し、受講後学習履歴申請をして承認を得て単位(ユニット)を取得します
    ・ユニット登録申請料金:高知県技士会会員無料、非会員500円/1件
  3. 必要に応じ学習履歴証明を発行します
    ・高知県技士会発行の証明書は高知県技士会会員無料 
     (全国技士会発行の証明書は高知県技士会会員500円/1件、非会員1,500円/1件(20名まで)

※CPDSには技士会会員以外の方も加入できますが、技士会の会員になったほうが費用面で有利です。

  • CPDSの単位(ユニット)を取得することは難しくない!
  • 本当に実力を身につけようと受講している講習会等を申請・登録していけば良いのです。
  • 新規加入をはじめ、手続きはすべて(一社)全国土木施工管理技士会連合会のホームページからできます。

→(一社)全国土木施工管理技士会連合会のホームページはこちら

CPDS(継続学習制度)へ新規加入するには

 CPDSに新規に加入するには、CPDS新規加入の申請が必要です。申請はインターネットで行うことが原則です。
 新規加入者にはCPDS技術者証を発行します。なお、高知県土木施工管理技士会に入会されますと会員価格が適用されますので入会されることをお勧めします。

→CPDS加入申請

CPDS(継続学習制度)に関する主な費用

  新規加入 学習履歴 CPDS技術者証更新 CPDS学習履歴証明書
高知県技士会会員 1,300円 無料 無料 (1) 高知県技士会より無料発行
(2) 全国技士会連合会で500円/1証明20名まで
非会員 3,000円 500円 無料 全国技士会連合会で1,500円/1件20名まで

新規加入料金 (技士会会員 1,300円 、非会員3,000円)

 技士会会員とは高知県土木施工管理技士会の正会員(個人会員)及び賛助会員(個人会員)の事で賛助会員(団体)は含みません。 高知県土木施工管理技士会の入会についての詳細、正会員(個人会員)・賛助会員(個人会員)は高知県土木施工管理技士会入会のご案内をご覧下さい。

高知県土木施工管理技士会

正会員(個人会員)年会費・・・5,000円(土木施工管理技士の資格を有する方)
賛助会員(個人会員)年会費・・・5,000円(資格をお持ちでない方、県外の方)

→高知県土木施工管理技士会入会のご案内

(一社)高知県土木施工管理技士会では、会員向けにCPDS加入申請の代行を行っています。
→CPDS加入申請の代行申込み書

一括送金システムによる支払い(全国土木施工管理技士会連合会CPDSガイドラインより抜粋)

 一括送金を利用する前に個人IDまたは特定機能IDを取得する必要があります。
 一括送金は事前に任意の金額を送金し、その中から手続き料金をその都度差し引くシステムです。
 新規加入以外の手続き料金が発生する申請には、特定機能IDを含め全て一括送金システムを利用していただきます。残高が少なくなれば、任意の額の追加入金ができます。ただし解約時に残金が発生した場合でも返金はいたしません。
 ログイン後のトップページから申請ができます。

このページの先頭に戻る